traditional
伝統織物

江戸時代から続く伝統織物

  • 伝統織物制作風景

裂取名物紋

経糸と緯糸の交差が密な錦地で古くから帯の定番として使われている柄です。
糸を先に染めて織る、柄を表現するジャガード織という西陣主流の技法により深みのある
高級感漂う生地です。

佐賀錦

京都を代表する織り物の一つ「佐賀錦」元来鹿島錦と言い旧佐賀藩主鹿島鍋島家に端を発し
その発祥は紙と紙・紙捻と紙捻を組んだ紙細工でありました。
金銀箔を和紙に貼り裁断したものを経て糸にし染色した絹糸を緯糸として織り込むようになり今に至っています。

伝統織物の対応素材

伝統織物は以下の素材から制作することが可能です。
ご希望の素材を使ったOEMも制作致します。

  • 絹糸(シルク)
  • 箔糸
  • ポリエステル
  • レーヨン
  • 金銀糸
  • ラメ糸

伝統織物の利用例

  • 着物帯

    着物帯

  • 小物

    小物

  • ネクタイ

    ネクタイ

  • 雑貨・インテリア

    雑貨・インテリア

伝統織物の利用例を見る